マツの気まぐれダイアリー

スキー&スノーボード2004-2005

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2005年12月31日(も~いーくつ寝~る~と~)

お~正~月~♪
今年も1年早かったなぁ。そりゃ早いよな。だってなにげに芝居4本やってたし。あっという間だった。

皆様には今年1年大変お世話になりました。来年もマツ、そしてmatsuboxをよろしくお願い申し上げます。
これをもちまして、年賀状とさせていただきます。ありがとうございます。

それでは、年越し蕎麦を堪能するマツを今年最後にお送りします。どうぞ。

c0068651_20201714.jpg

紅白を見ながらなので、こんな顔です。ありがとうございます。

皆は年越し蕎麦食べたかな。食べないと年越せないぞ!

それでは皆さん、良いお年を~☆
[PR]
by matsubox | 2005-12-31 20:21

2005年12月26日(ジン♪ジン♪)

ジンギスカ~ン♪
クリスマスも終わり、忘年会の空気が流れてきたのでバイトの皆で新宿にジンギスカンを食べに行った。
そういわれてみると、ジンギスカンって食べたことないや。今、世間ではジンギスカンがブームらしい。
じゃぁ、今日はちょっとジンギスしちゃおうかな。

c0068651_209429.jpg
ジン♪ジン♪ジンギスカ~ン♪
これがジンギスカンですかぁ。なんかこーゆー焼き方するらしいよ。野菜の上にお肉を隙間なく乗せて、軽く蒸し焼く感じ。
で、わりと濃い目のタレでいただく。おぉ。なかなか美味いね。ビールが進むね。こりゃぁブームになるわけだ。

ちなみに、ジンギスカンを歌っているのはジンギスカンというバンドです。
ドイツのバンドです。
なので歌詞カードを見てもドイツが読める人以外は意味がわからないので要注意。
[PR]
by matsubox | 2005-12-31 20:11 | 飯っ!

2005年12月26日(24)

シネマの紹介コーナーの「24」で言っていたマニア垂涎のグッズでいうのはコレ!

今時カセットテープとお思いでしょうが、この内容がすごい。
なんと、ジャック・バウアーとニーナ・マイヤーズから僕宛にメッセージが入っているんです。
ただ、吹き替え版だけど。

要するに、ジャック役の小山力也さんとニーナ役の美佐さんが僕宛にメッセージを入れてくれてるのです。

今年初めの若ショー2で共演したかおりさんが稽古中、別の現場で小山さんと一緒だったらしくたまたま持ち合わせていたカセットテープに24ファンの僕宛にメッセージを入れてと頼んでくれたのです。
美佐さんはその若ショー2の本番に遊びに来たときにお願いして吹き込んでもらいました。

その内容は…
小山さん(ジャック・バウアー)からは
「松川、いいか。ジャック・バウアーだ。いい芝居にしろ!よろしく。」
と、もう1パターンで
「松川、いいか。ジャック・バウアーだ。やまぞー(かおりさんのあだ名)を頼む!」

美佐さん(ニーナ・マイヤーズ)からは
「CTU、マイヤーズ。松川、お腹の調子は大丈夫?次の本番は19時半から。頑張るのよ。」

c0068651_13163539.jpg
すごくないすか。ジャックが僕を応援してくれて、ニーナが僕のお腹の調子を心配してるんだよ。
字幕でしか見てない人にはピンとこないかもしれないけど、吹き替え版で見ている人、そして小山さん・美佐さんのファンの方からすればヤバイくらいのお宝でしょ?

かおりさんも
「私も吹き込んであげようか?」
「かおりさんはいつでも会えるからいーや。」
「なんだよ。このテープやんねぇぞ。」
「ウソ。吹き込んで。でも今日はいーや。」
「チッ。」

でも今度入れてもらうんだ。ERのルイス先生からメッセージを。七穂さんにもアビー入れてもらおう。
このテープ色んな声優さんの声でいっぱいにしたいな。
[PR]
by matsubox | 2005-12-26 13:22

2005年12月21日(台場)

映画を観るためにお台場にやってきました。

街はクリスマス一色。あっちに行ってもカップルにクリスマスソング。こっちに行ってもカップルにクリスマスソング。あっちもこっちもカップル・クリスマス・カップル・クリスマス。
まぁ、1年にこの時期だけは許してやろう。チッ!

あれ!?なんかキラキラしたものがあるぞ?なんだアレ?行ってみよ。
c0068651_17464595.jpg
うわぁ~。クリスマスツリーだぁ。キラキラしてキレイだなぁ。
カップルも皆幸せそうだなぁ。皆いい顔してるよ。

クリスマスっていーね。メリークリスマス☆
[PR]
by matsubox | 2005-12-21 12:39 | 風景

2005年12月20日(お久しぶり!)

いやいやいやいや~。

皆さんお久しぶりです。随分と更新が遅れてしまい、本当に申し訳ございません。
これからはまた、こまめな更新を心掛けますので、マツ共々matsuboxを宜しくお願いいたします。

とゆーことで、今日は前回のひらり公演「10年間」のフォトを一挙公開します。

今回は台本が出始めてから本番を向かえるまでが3週間というかなりタイトなスケジュールだった。
なので、舞台美術も急ピッチで進めなければならない。
この日はメンバー全員坂本邸に集合し、美術担当のうららを手伝った。
c0068651_2042827.jpgこちらはベニヤを切る八幡さんを見守る大波さん。


c0068651_20455765.jpgこちらはコワリを切り出す坂本さん。


c0068651_20465256.jpgこちらは何もやってないのにすでに一服を始めた若山。
「お前何やってんだよ~。さぼんなよ~。」
「台詞が頭に入んねぇ~んだよ!仕方ないだろ!」
「仕方なくないだろ!皆やってんぞ!」
「わかった。行くよ…。」



そんなこんなで、今回は稽古とタタキ、そしてドラッグクイーンバンドの話ということで、メイク・衣装・楽器・オリジナル楽曲と、やらなきゃいけないことが山積みだった。
今までの中でこんなにいっぱいいっぱいになったのは初めてっていう位大変だったなぁ。

それでも時間は過ぎていき、今回の劇場シアターグリーンに小屋入りしたわけです。

これが今回の舞台。
c0068651_2056018.jpg田舎の小さなライヴハウスという舞台装置。質素に見えるけど、実はこれがラストには…。



本番前のメンバーの様子。
上記にもあったようにバンドの話でそれぞれ楽器を担当し、ラストにはオリジナル楽曲を演奏する。
いつもだったら本番前、テンションを高めるためにおなじみのウガチャカを皆でやるのだが、今回はウガチャカがない。代わりにラストの曲を演奏して本番に備える。
c0068651_2103754.jpgキーボード担当の坂本さん。
彼は本番のギリギリまで楽屋でも一人キーボードをたたき続けた。
ただ、ヘッドホンをして弾いているから皆にはカタカタカタカタという鍵盤をたたく音しか聞えない。
それを聞いた大波さんが
「昔さ、俺ウサギ飼っててさ、夜中になるとさ、よくあんな音出してたんだよな~。」
と感傷深くつぶやいた。


c0068651_2143614.jpgそんなベース担当の大波さん。
彼は自分に関する全ての衣装・道具をネット通販で購入した。このベースも、ベースを入れるソフトケースも、そして「初めての人でも弾けるベース教本」も全てネット通販。
前回「おとしまえのススメ」をやむなく欠席した彼にとって、約1年半ぶりの舞台とあって力の入りようが伺える。でも全部ネット通販。たまには外の空気を吸おっか。


c0068651_21113391.jpgこちらはドラムを激しく叩く若山。
なぜ激しく叩くかというと、昨日の本番終了後、郷田さんに軽くダメ出し食らったから。
「でも、俺はお前の芝居最高だと思うよ。すごい良かったよ。」
「うるせー!話しかけんじゃねー。」
「うるせーって、あんたが今日本番前に稽古付き合ってくれっていうから早く来てやったのに。」
「うるせくねー!そうだった…。俺忘れてたよ。俺が間違えてたよ、マツ。ごめんな。」
「わかってくれたらいんだよ。ところで、あそこのシーンの台詞、昨日間違えてたぞ。」
「うそ!?台本取ってくる。」
「…」


c0068651_21173253.jpgヴォーカル担当の八幡さん。
体を動かしながら曲を口ずさむ。この日はアキレス腱を伸ばしながら曲を口ずさむ。
かっこいいな~。アキレス腱伸ばしてるだけなのに画になるな~。
おっ!次はなんか寝転んだぞ。腹筋か!さすが腹筋姿も様になってるな~。って2回で終了かよ。何の意味もないよ。
「ヤハさん。2回の腹筋て意味なくない?」
「あっはっはっはっは。(楽屋へ去っていく)」
「かっこいいな~。」


c0068651_21243325.jpgそして全体的にこんな感じで練習してたわけ。意外に様になってるでしょ。
あ、僕はギター担当。写真を撮ってたんで、ここには写ってないけど、そりゃーもぅガンガン弾きまくり。とゆーことにしておこう。



本番の約1時間~1時間半前から楽屋でメイクの準備に入る。
今回はドラッグクイーンで普通のメイク以上に濃くしなくてはならないので、それだけの時間が掛かってしまう。
楽屋では大の男4人(坂本さんだけは本番の後半でメイクをするので、本番前はキーボードの練習)が真剣にそして一言も発さず一心不乱にアイラインを引く姿は、正直異様な姿としか言いようがなかった。
c0068651_21331771.jpgヤハさん・若山がメイクスタート。その横で僕もメイクを始める。
いつもだったらにぎやかなはずの楽屋がシーン…。


c0068651_21342776.jpgメイクを約6割終えた姿の若山。
「あら~。ワカさんかわい~ねぇ。よく出来てるねぇ。」
「うふっ☆」


c0068651_2136203.jpgメイクを約8割終えたマツ。
実はこのメイクも色々あった。
ドラッグクイーンということで僕はドギツイ・ド派手なメイクをしなきゃいけないと思っていたので、メイク付け稽古の時までガンガンに書いたり塗ったりしていた。
しかし、それは大間違いだったようだ。
なぜなら、僕はものすごく女装が似合っていて綺麗な役柄なのに、メイク・衣装付けの通し稽古では、登場した瞬間稽古場中が爆笑の渦に包まれたのだ。
どんなメイクかというと…


c0068651_21412233.jpgこちらです。
妖怪人間ベムに出てくるベラです。
このメイクで登場した僕に、坂本さん演じるサガネが
「キレイだ。」
と言うんです。
それは笑いも起きるよ。だって綺麗じゃないもん。おまけにストーリーの終盤では、僕がサガネのことを
「あいつの女装は痛々しいんだよ。見てて客が引くんだよ。」
って言うんだけど、正直痛々しいのは僕だった…。見てて客が引きそうなのも僕だった…。
なので、色んな人にメイクのアドバイスをしてもらい、どうしても貞子になってしまうウィッグを止め、その代わりに頭にかぶるものを大急ぎで作ってもらい、無事に本番を向かられたわけです。
そう、ベラの面影はなくなったのです。



では、ご紹介します。
「10年間」のキャラクター達です。
c0068651_2150010.jpg八幡さん演じるピンクラビッツヴォーカルのシンディー。


c0068651_21505025.jpg大波さん演じるピンクラビッツベースのナターシャ。


c0068651_21512765.jpg若山演じるピンクラビッツドラムのカトリーヌ。


c0068651_2152117.jpg松川演じるピンクラビッツギターのリン。


c0068651_21524910.jpg坂本さん演じるピンクラビッツキーボードのサガネ。



当初はドラッグクイーンバンドをやるってことに全員が少々不安を隠し切れなかったのだが、蓋を開けてみると今までのひらり作品の中でも1番の好評を博した。
今まではゲストを踏まえての公演だったけど、今回は純粋にひらり、空中分解。のメンバーだけ。それでこれだけの支持を得られたことに本当に感激した。
おまけに、ラストに演奏する「Decade」はCDを終演後に受付で販売したのだが、連日完売!僕のバイト先の社員の人も買ってくれてて
「ホントにいい曲。心のバイブルです。」
と言っていた。

「10年間」 ひらり、空中分解。の代表作が生まれた。

代表作の誕生を支えてくれた皆さんをご紹介。
c0068651_2223934.jpg舞台監督の中野さん。
かなりタイトなスケジュールでしたけど、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。


c0068651_2232583.jpg「おとしまえのススメ」に続き、音響を担当してくれた筧君。
キミのマイペースぶりにはいつも驚かされるよ。お疲れ様。


c0068651_2242455.jpg照明を担当してくれた小島さん。
さすが裏方さん。顔は見せない主義なんですね。でも僕はその素顔を知ってますよ。いつかブログで全世界に配信しますから。お疲れ様でした。



ラストのライヴシーンに大転換をするために、毎日舞台袖についてくれたみんな。
c0068651_227213.jpg郷田さんの湘南アクターズスクールに所属するちょくさ君。
この写真、なぜちょっと寂しそうな表情をしているかというと、千秋楽後のバラシで張り切っていた彼は一本目のコワリをのこぎりで切ろうとして自分の指を切った。その後血が止まらず、楽屋に座らされていたため、バラシでは何の役にも立たなかった。なので、申し訳ないという気持ちでこの表情。


c0068651_22105166.jpgそんなちょっくんは毎日毎日メンバーにいじられていた。この日も僕に使わない衣装を着させられ、よく見るとわかると思うが、僕が買ったにも関わらずNGになってしまったウィッグを被せられ遊ばれていた。見えにくいかもしれないが、彼の後ろでは大波さんが真剣に本番の打ち合わせをしているにも関わらず。
でも、ホントに毎日よくやってくれて、毎日飲みに付き合ってくれた。ありがとう。血は止まったか?


c0068651_22142429.jpgこちらは坂本さんの後輩の松ちゃん。
松ちゃんも舞台美術製作から付き合ってくれて、ホントにホントに感謝!
彼は演出もやってるらしい。いつか一緒にやりたいね。


c0068651_22155510.jpg松ちゃんと一緒に舞台美術から付き合ってくれた菊ちゃん。
一見女の子かと思うが、男の子。僕の中では「米良美一」で通ってます。
彼も人懐っこくて毎日飲みにきた。次回もよろしくね。ありがとう。


c0068651_22184554.jpg大波さんの事務所の後輩、市川さん。
ちょっと強面だから話しかけづらかったんだけど、実はものすご~くいい人。
なぜだか市川さんが舞台袖にいるとホッとするまでになりました。
力仕事から何から進んでやってもらってしまって、すいませんでした。そして、ありがとうございました。



そして打ち上げの写真から制作を支えてくれたみんな。
c0068651_2222388.jpg郷田さん。今回も本当にお疲れ様でした。
難しい芝居だったけど、僕らの代表作になったのは郷田さんの演出、そして反対側に座っていて写ってないけど金津さんの台本があったからだと思います。数年後必ず再演しましょう!その時までにひらりも成長しているように頑張ります。


c0068651_2225264.jpg美術を担当したうららを始め、当日の受付・お客様の案内等を手伝ってくれたみんな。
みんながいなかったらこの公演を打つことは出来なかったです。これからもよろしくお願いします。お疲れ様でした。



こちらは番外。
僕と郷田さんは公演中必ずどこに飯を食いに行くか相談する。今回は日曜日が一回で早い時間に終わったので出演者・スタッフ総勢25人で劇場近くのもつ鍋屋に行った。
c0068651_22294993.jpg座敷だと言って案内されたところが2階にあるちょっとした物置みたいな場所だった。そんな場所に25人。
正直床が抜けるんじゃないかとビクビクしながらもつ鍋を食べる面々。そして、11月だというのにあまりの人にギチギチさに勝手に扇風機を回す始末。
でも、これが公演中の楽しみなんだよね。なんかみんなの気持ちを再度ひとつに出来る時間っていうのかな。
郷田さん、次は何にしましょうか?




最後に、「10年間」を観に来てくださった全ての方に。
終演後、客出しに出ていた時にたくさんの方から賛辞の言葉を頂き、ありがとうございました。
皆様が笑顔で劇場を後にしている姿を見て、本当にやってよかった、次も頑張らなければという気持ちになりました。
ひらり、空中分解。は今ようやくスタートラインに立った気がします。スタートラインに立つまで少し時間が掛かった分、走り出したら止まらないだろうと思います。でも、それは皆様の応援があるからです。
これからもひらりの応援をよろしくお願いします。そして、マツ個人もね☆
[PR]
by matsubox | 2005-12-20 22:43 | 10年間



思いついた時に思いついた事を・・・。
by matsubox
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism